2010年03月20日 (土) | Edit |
1月にご紹介した映画「ちゃんと伝える」と同様のテーマの映画が
DVDになりました。私たち日本人が親子、恋人、職場などあらゆ
る場面でのコミュニケーションに苦労している様子が伝わってきま
す。言葉で直接伝えるのが難しいのであれば、手紙にしたり、ラジ
オを通してだったりで「ちゃんと伝える」方法を探してもよいので
すね。

久保田真生(常盤貴子)はFMラジオのパーソナリティ。
4年前に父親(六平直政)と仕事のことで喧嘩し、絶縁してしまった。
仲直りできないまま、父親は他界してしまう。

そんな真生(まい)の元に、父が亡くなる前、自分に宛てて書いていた
手紙が届く。しかし封を開けることができず、そのまま引き出しの中
にしまってしまう。

ある日、リスナーの高校生・直樹(林遣都)から、一通の手紙が番組
に届く。笑わない祖父を笑わせたいという内容に、真生は自分の父親
の姿を重ね合わせる。


引き出しの中のラブレター [DVD]引き出しの中のラブレター [DVD]
(2010/03/03)
常盤貴子林遣都

商品詳細を見る


真生は「引き出しの中のラブレター」という番組の企画を立てる。
「伝えたいのに伝えられない思いありませんか?」

誰もが心の奥底に隠している思いをラジオで代わりに届けようとする。
東京の複雑な道路が覚えられず四苦八苦するタクシー運転手、
シングルマザーの決意をした妊婦、転勤のことで悩む家族・・・・・

さまざまな人々の人生を交錯させながら、想いを伝えることの大切さ
を描いたオムニバス映画であります。

常盤貴子、林遣都、中島知子、萩原聖人、本上まなみ、八千草薫、
仲代達矢、伊東四朗、片岡鶴太郎など、大変豪華なキャストであり
ますが、片岡鶴太郎の役は騒々しいだけだったし、八千草薫の役も
普通な感じで新鮮味に欠けるというか、仲代達矢にしても、他の人
でもよかった。もっと工夫が欲しかった。

「思い出したら、辛いだけだと思っていたら、違いました」
という八千草薫(松田晶子)さんの言葉が印象的でした。


星☆☆☆☆です。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
引き出しの中のラブレター という題名に引かれて
うっかり見てしまった、といった感じの映画ではありました。(;^_^A アセアセ・・・

「PARIS -パリ-」をはさんで
ウルトラミラクルラブストーリー
アライブ -生還者-
重力ピエロ 星☆☆☆☆
笑福亭鶴瓶のディア・ドクター 星☆☆☆☆
カムイ外伝
サマーウォーズ 星☆☆☆☆
あなたは私のムコになる
アドレナリン2 ハイ・ボルテージ
トランスポーター3 アンリミテッド
ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~
君がぼくを見つけた日

など気になった映画は見るようにしているのですが、
ろくろくにとっての星☆☆☆☆☆のものは、
このところDVDで見た映画の中にはないですね。
よっぽどnhkの龍馬伝方が面白いです。

案外「余命一年だとしたら・・・」のスティーヴン レヴァインさん
ご推薦の古い名作映画 「素晴らしき哉、人生」が
最近見たDVD映画の中では一番星☆☆☆☆☆に近いかも
しれません。





2010/03/24(Wed) 10:59 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
引き出しの中のラブレター
昨日、借りて見てみました。

思いを言葉で伝える・・・・これは最初勇気がいるけど、やまんばの場合は、口に出さずに想像し  

てばかりいると、大体思わぬ方へ人間関係が向かうことが多いので、一応言葉に出して聞いて

みることが多いです。

しかし、こと男女の中でこれをやると、むつかしいことが多いです。やまんばは本当に混乱します。

ひょっとしたら、やまんばは見かけは女性ですが、考え方や感じ方が女性ではなく、男性に近い

のではないかと思われます。もしくは心が子供のままで成長していないのかもしれないなあ・・・・

とつぶやいています。

こんな未成熟なやまんばは、やはり人間には近づかずに自然の中で遊んでいるほうが良いので

はないかなあ・・と思いはじめています。



最後に、ろくろくさんのこの映画の感想のコメントの中の

「思いだしたら、辛いだけだと思っていたら 違いました」という言葉が印象的だった・・・

というところを見て、なぜ印象的なのかわからないのですけが、なんだかやまんばの心には温か

いものが流れてきました。その印象を持てたことはとてもよかったのではないかとおもいました。


今日は時折びっくりするような強い風が吹いています。

空に両手を大きく広げてみたくなりました~~~~^^^^^^^












2010/03/21(Sun) 11:22 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック