2010年02月12日 (金) | Edit |
今夏7月17日封切り予定の宮崎アニメは「借りぐらしの
アリエッティ」。とても楽しみでありますが「借りぐらし」
とはいったいどういう意味なのでしょうか。

karigurasi01


つい最近に読み終えた河合隼雄著「ファンタジーを読む」の
中にたしか「借りぐらし」というちょっと変わった言葉があ
ったぞ、と思いおこして調べなおしてみると、ありました。

第七章たましいの存在―――ノートン「床下の小人たち」
(P201~P217)

ファンタジーを読む (講談社プラスアルファ文庫)ファンタジーを読む (講談社プラスアルファ文庫)
(1996/11)
河合 隼雄

商品詳細を見る


床下の小人たち (小人の冒険シリーズ 1)床下の小人たち (小人の冒険シリーズ 1)
(1969/04/24)
メアリー・ノートン

商品詳細を見る


この本では、作者が思いがけない発想をつきつけてくる。
それが「借りぐらし」というアイデアでした。われわれの
日常の生活の下に「借りぐらし」をしている小人たちがい
るというのです。

借りぐらしのアリエッティの原作「床下の小人たち」では、
ケイトという女の子に、メイおばさんが話をする、という
構成になっています。

ケイトはメイおばさんに、かぎ針の編み方を教わるのだが、
編み物は「ファンタジーの絵巻を織りだす」仕事につなが
っている。

そこでケイトが編み棒をなくしたと言ったとき、おばさん
が「この家にも借りぐらしの小人がいるのか」と思わず口
走ってしまったので、おばさんはケイトに小人の話をしな
くてはならなくなった。

床下の小人たち

小人たちは両親と女の子が一人の三人暮らしである。父親
はポッド、母親はホミリー、十四歳の女の子はアリエッティ
という名であった。

この小人たちは「借りぐらし」をしていた。つまり、自分
たちの生活に必要なものは、すべて人間の世界から「借り
て」くるのである。

借りものばかりで暮しているからといって、小人たちがま
ったく卑屈でないところが、また注目すべきところである。
アリエッティは人間の男の子――メイおばさんの弟――に
会ったとき、借りぐらしについて説明し「人間てものは、
借りぐらしやのためにあるのよ――パンが、バターのため
っていうのとおんなじよ!」と説明している。
karigurasi02
それは「盗み」ではないか、という男の子の疑問に対して
も、アリエッティは「わたしたちのすることを、盗むって
いうんだったら、暖炉が、石炭入れから、石炭を盗むって
いってもいいことになるわ」と答えている。

アリエッティの答えは、身勝手もいいところだと思う人も
あろう。人間を中心に考えるとたしかにそう言えるだろう。
しかし、少し視点を変えるならば、人間がにわとりの卵を
食べるとき、それは「盗み」なのか「借り」なのか、ある
いはそのどちらでもない何かなのか、言うのがむずかしく
なってくる。
karigurasi03

にわとりを中心に考えると、それは盗み以外の何ものでも
ないであろう。盗みと言うのがいやなら、われわれ人間も
「借りぐらし」をしていることを認めざるを得ないのでは
なかろうか。小人たちのことを身勝手などと言ってはおれ
ないのである。

「床下の小人たち」には、続編があって「野に出た小人た
ち」「川をくだる小人たち」「空をとぶ小人たち」と続き
最期の「小人たちの新しい家」は作者七十九歳の作品であ
る。

野に出た小人たち (小人の冒険シリーズ 2)野に出た小人たち (小人の冒険シリーズ 2)
(1985/01)
メアリー・ノートン

商品詳細を見る


川をくだる小人たち (小人の冒険シリーズ 3)川をくだる小人たち (小人の冒険シリーズ 3)
(1985/01)
メアリー・ノートン

商品詳細を見る


空をとぶ小人たち (小人の冒険シリーズ 4)空をとぶ小人たち (小人の冒険シリーズ 4)
(1969/01)
メアリー・ノートン

商品詳細を見る


小人たちの新しい家 (小人の冒険シリーズ 5)小人たちの新しい家 (小人の冒険シリーズ 5)
(1983/01)
メアリー・ノートン

商品詳細を見る


karigurasi04

※「借りぐらしのアリエッティ」主題歌 Arrietty's Song


あなたの応援(1日1クリック)お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クリサリス・コレクション
「天使 妖精」で検索したら、最初にヒットしたのがこのサイト。
すでにご存知かもしれませんが、かなり沢山の妖精などを、
しかも色々な角度からご覧になれます。

http://www.crisalis.jp/

置物とか沢山あるのですね。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4RNWE_jaJP308&q=%e5%a4%a9%e4%bd%bf+%e5%a6%96%e7%b2%be


2010/02/12(Fri) 17:47 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
天使と妖精
やまんばは余命一年ということで、描きたいと常日頃思っていたことを
形にしようと、忙しく暮らしています。

小さな作品で天使とか妖精を描くのもその一つ。
今朝の紹介の絵を見て、ますます描きたくなりました。

あ~~~考えたら不可能に感じることばかりです。

とにかく資料集めもその一つ。
先のことに思いを馳せず、今日出来ることを、ひとつずつ取り組んでいきますね。

それではいまから出かけてきます。
2010/02/12(Fri) 09:36 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック