2010年01月24日 (日) | Edit |
いまろくろくは、
「十牛図」を本気になって勉強しているところです。
本も何冊か持っていますが、結構難解です。ネット
でも沢山の絵や解説を手に入れることができ、簡単
に分かった気分にはなれますが、分かっていなかっ
たですね。

いま手にしている本は、横山紘一著「十牛図入門」
であります。横山紘一さんは「唯識」の研究者です
が「十牛図」を唯識思想の観点からアプローチする
と、つらいことの多い人生が生きやすくなると仰っ
ています。

「十牛図」とは、「牧人」が、逃げ出した「牛」を
探し求め、飼い馴らし、やがて姿を消してゆく過程
を十の図で表したもの。

「牧人」というのは「真の自己を探す者」、
「牛」は「真の自己」を表しており、
迷える自己が、十の段階を経て、真の自己を見つけ
ていく過程を、図としたものです。

十牛図入門―「新しい自分」への道 (幻冬舎新書)十牛図入門―「新しい自分」への道 (幻冬舎新書)
(2008/03)
横山 紘一

商品詳細を見る



たましいのこと―十牛図で考える人生たましいのこと―十牛図で考える人生
(2007/06)
松村 潔

商品詳細を見る


横山紘一さんは「十牛図入門」のなかで、
人生の三大目的は次の通りです、と仰っています。

1. 自己究明 
2. 生死解決  
3. 他者救済

そしてそれらの目的にどのように生きていけばよい
のかは「十牛図」に登場する牧人から学ぶことがで
きるそうです。

また、横山さんは独自の「観想十牛図」というのを、
画人・増野充洋さんとともに十年余りの歳月をかけ
創られています。従来の十牛図とは異なり、ひと目
で全体の構成を見渡すことができるようになってい
ます。

もっともひと目で全体を見渡せる十牛図はほかにも
いろいろありまして、瞑想の時にはそれぞれ役立つ
ものだと思います。

象の十牛図
(象の十牛図)

横山紘一さんの「十牛図入門」は唯識をからめて説
明されていますので、初心者にはかえって分かりに
くいと感じられる人もいらっしゃるかもしれません。

そういった方には新井満著「自由訳十牛図」がよい
かもしれません。ろくろくには バグワン・シュリ
・ラジニーシの「究極の旅―禅の十牛図を語る」は
とても分かりやすかったです。

自由訳 十牛図自由訳 十牛図
(2007/06)
新井 満

商品詳細を見る




究極の旅―禅の十牛図を語る究極の旅―禅の十牛図を語る
(1978/03)
バグワン・シュリ・ラジニーシ

商品詳細を見る


「和尚 禅の十牛図を語る」は下記のサイトですべ
て見ることができます。↓

http://web.me.com/osho/utsava/zen.html

今回ネットでいろいろと十牛図を調べているうちに
MAYA MAXXさんの牛に出会うことが出来たのも大
きな喜びのひとつでした。彼のシンプルな言葉にも
びっくりしました。

なんにも なくて
なんでも あって
からっぽで
いっぱいです

赤い牛
MAYA MAXX 「十牛図」


私は
 いつも新しく
 いたいのです

さっき生まれてきた
  みたいに
  世界を見たいのです

それが私の
  自由ということ
      なのです

十牛図 「騎牛帰家」
MAYA MAXX 十牛図「騎牛帰家」


ふるえるほど絵を描くのが好きという、
MAYA MAXXにとっての絵とは?

いよいよ ますます
何を描くか
画面に何を描いているかが
重要ではなくなってきました

絵というのは
描いているものを描きながら
描けないものを描くものなのだと思います


十牛図 「返本還源」 
MAYA MAXX 十牛図「返本還源」

-十牛図に挑む- MAYAMAXX展↓からコピペさせて
頂きました。
http://www.kahitsukan.or.jp/mayamaxx09/





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リンクが張ってあるところ
リンクが張ってあるところは、文字の色が少し違います。
なれたらすぐにわかります。

カーソルを持っていくと矢印が指印に変りますから、
興味があるところはクリックしてみたらいいですね。

「いろいろ」のすぐ上の「観想十牛図」にもリンクが張ってあります。





2010/01/27(Wed) 21:16 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
見ましたよ^^
いろ いろ  のところを一つずつクリックしてみました。

びっくり^^^ かくれんぼ みたいですね。

いままでもいっぱい見逃していたものがあるのでしょうね^^^

掛け軸が安いのにびっくりしました。表装代だけでもあの値段では出来ませんから・・・。

たくさんの十牛図があるのですね。

MAYAさんの建仁寺の撮影風景も見ました。左手で線を描き、右手で彩色されていました。

左手の線の動き、書を書いておられるのかなあと思いました。線がいきいきしていました。
お話も楽しく、思いやりがそこここに溢れていて、さらに絵が良い!

やまんばは元気をいただきました。

ありがとうございました。
2010/01/27(Wed) 08:50 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
うろうろ、あたふた
MAYA MAXXさんすごいですよね(^_^;)アセアセ...
ちょっと圧倒されてしまいます。

MAYA MAXX Live Paint 2009.3.20 at 建仁寺 禅居庵
というYOUTUBEがありますので参考にご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=_f2o3-l7bZQ

MAYA MAXXさんの特集もやりたいですね。

しかしながら
MAYA MAXXさんはMAYA MAXXさんで、
やまんばさんはやまんばさんで、
ろくろくはろくろくですからね。

それぞれのバックボーンがあるのですから
なにもあたふたすることはないですね。


それはそうと
本文の(象の十牛図)のすぐ上の文章に

「もっともひと目で全体を見渡せる十牛図はほかにも
いろいろありまして、瞑想の時にはそれぞれ役立つ
ものだと思います。」

がありますがその中の「いろいろ」という言葉の部分
にリンクが張ってあるのがお分かりになりましたか?
「いろ」に一つ「いろ」一つ、計二つです。

一つは「大津絵十牛図」もう一つは「開運四神十牛図」
です。ご覧になってみてください。



2010/01/26(Tue) 14:16 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
追加です。
やまんばはろくろくさん紹介の象の十牛図からはみていませんでした。本もいろいろ紹介されていたのですね。

象さんの絵は、最初象さんと人物が影で表現されていて、導き手は常に光として現わされていて、悟りを開く段階に応じて、象さんと人物の影が光を受けたように表現しているのが、アイディアとしておもしろいなあと感心しました。途中で、象さんと人物が一つになり、人物の姿が消滅するのも、わかりやすかったです。なるほどなあ~~~^^^

MAYA  MAXXさんの絵も感覚的にわかったことを、子供のように素直に表現されているのにも、感心しました。とくに返本環源には頭が下がりました。

はてさてはてさて、うろうろ、あたふた・・・慌てるんじゃない!!!やまんばが今まで経験したことを感じたまま、表現していけばよいのだから・・・・あ~~~~、それでも、あたふた、うろうろ、はてさてはてさて・・・・
2010/01/26(Tue) 07:50 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
おはようございます^^
ろくろくさんは十牛図入門の本を真剣に読まれているのですね。
やまんばは余命一年・・ということで、いよいよ十牛図の絵を描くことにいたしました。今、パネルを注文しているところです。とてもタイミングがよかったです^^^。
待っている間、掛け軸にしようと絹絵に牡丹の花を骨描きして、一年余り放っておいてたものを、描いています。絹は慣れないので、なんとなく遠ざかっていたのですが、気合いをいれて勇気を出してかいてみました。
「やれば出来るじゃ~ん^^^^」
後は、表装するためのお小遣いを貯めて、自宅の床の間に飾れる絵が出来ようとしています^^^余命一年・・・の本のお陰です。

哲学カフェのサイトも覗いてみました。
やまんばが住んでいる近くにこんなカフェがあれば、ときどき出かけていきたいものだと思いました^^^。
十牛図の絵のところは印刷しました。参考にさせていただきますね。しかしこの水墨画は達者な人が描かれたのですねえ。
十牛図を描くにあたって、目の前に高い山がそびえているように感じますが、その不安は恐れからくるもの、迷わず、そこに入っていくしか道は開けないようです。
今朝、ここに来る前に、「余命一年・・」の本の77ページを読んできたところです^^^^

ろくろくさん、いろんなところを紹介してくださり、本当にありがとうございます。
余命一年・・・のおかげで、前よりも一瞬を大切に心がけているようです。そして、ゆっくりと、何もしない時間も罪悪感なく、アメーバーのようにのびのびしてそこに佇む空気の中に溶け込むような気持ちで心おきなく休んでおります。
2010/01/26(Tue) 07:20 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
哲学カフェ
今回ご紹介しました横山紘一さんの「十牛図入門」ですが、
横山紘一さんは「唯識塾」という立派なホームページがある
ことをご紹介するのを忘れていました。

そのなかで大変興味を持ちましたのは「哲学カフェ」であり
ます。新宿にある名曲喫茶「らんぶる」で毎月一回開かれて
いるそうです。もっと近ければ行ってみたいですね・・・・・・

唯識塾(横山紘一)
http://www.idot.ws/page.cgi?kouitsu+ext3

2010/01/25(Mon) 15:56 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック