2009年12月16日 (水) | Edit |
NHK 爆笑問題のニッポンの教養(09.12.01)
FILE094 「よりよく死ぬための哲学」


28秒に1人、日本人は、死んでいくという。

誰もが避けられないにもかかわらず、
ふだんは考えることなく遠ざけている「死」。

その死に向き合うことで、死までの生き方、
生の意味を問い直そうとする学問が「死生学」。

清水哲郎東京大学教授が、爆笑問題にまず問い
かけたのは、「どう死にたいですか?」だった。

田中:飼っている2匹のネコとかそういう仲間と
一緒にいて、眠るように死にたい。


vonnegut


太田:ぼくの一番好きな作家、カート・ヴォネガット
というアメリカのSF作家がいる。彼は2007年に
亡くなりました。最後まで自分は幸福だといい続けて、
みんなを笑わせ続けて死んだ。

彼のホームページがあって、そこに死んだあと行って
みたら、鳥かごの絵があって、その鳥かごのドアがパッ
と開いていて中に鳥がいない。

死んだらこうしろって言ったんだろうなって思ったし、
それってクスって笑えるんですよ。

俺はすごく勇気づけられた。こういう芸術家が理想だ
なって思った。

人の死をどう捕らえているかは、ふとした言葉使いに
も現れる。

私たちは死んだクワガタ虫を指してこれは「死んでい
ます」と言うが、死んだ母を指して「死んでいます」
とは言わない。なぜ母の場合は「死にました」と言う
のか?

お医者さんに「ご臨終です」って言われて、遺族は
「行っちゃった」って思うんだよね。行っちゃったっ
て何が行っちゃったのか。いなくなったのは何か?
死ぬっていうことはどういうことか?

清水:「動かなくなっちゃった」というふうに死ぬこ
とを理解するのと、死ぬっていうのは結局「いままで
の関係が切れること」だよと。関係が切れて、もうこ
の関係は復活しないよと。そういう死のイメージね。

太田:そうですよね。そういうことで言うと、
僕は毎日死んでいると思うんですよ、ある意味。
昨日のおれはもういないだろうっていう考え方ですよね。

たとえば、こいつ(田中)がかみさんとこの間別れたわ
けですよ。1か月前までは一緒に夫婦だったものが、
ある日突然「あなたとはやっていられません。ごめんな
さい」って言われて。「実は、ずっと悩んでいたんだけ
ど、あなたにはもう我慢出来ない」って。

田中:我慢出来ないって言ってないだろ。笑

太田:前日のその人と、その時のその人では、明らかに
もう人が違うんですよね、彼にとっては。要するに彼の
ことをずっと好きだった奥さんっていうのは、もう
“死んだ”んですよ。

それで別の人に入れ替わってるから、いっくら探したっ
てその人はもういない。

清水:ああ同じ人でも。

太田:うん。そういうことが起こると思うの。
人間の生活って毎日のように。

田中:でもそれはね、本当にそうなんだけど、
死んじゃったようなのとね、近い感覚になるんです。

太田:遺族ですよ、彼は。


どう生き どう死ぬか―現場から考える死生学どう生き どう死ぬか―現場から考える死生学
(2009/05/07)
岡部 健/竹之内 裕文編他

商品詳細を見る



カート・ヴォネガットホームページ

爆笑問題のニッポンの教養




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カート・ヴォネガット
彼のホームページを覗かれたのですね。
本の表紙絵どれも面白いですね。

私は太田光が大好きですから、一時期カート・ヴォネガットを
まとめて読んだことがありました。どれも文庫本でしたが、
あのような素敵な表紙絵はまったくありませんでした。

カート・ヴォネガットに関しては、面白くなくはなかったですが、
太田さんのようにのめり込むという風ではありませんでした。

2009/12/16(Wed) 18:50 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
追加です
この鳥かごの線といい、本の表紙の絵といい、やまんばにとってどちらもとても魅力的です。

簡潔で、言い切っています!それでいて余韻が感じられます。

2009/12/16(Wed) 09:13 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
泣き笑い
やまんばはつい先日まで、「なんだかもう いつ死んでもいいなあ・・」と思っていましたが、

今日のブログを読みながら、「あっ まだ死んだらいけない!」と閃くように強く思いました。

まだ、いつ死んでもいいような絵は描いてないわ!!!!!

それにいつ死んでもいいと思うようになってから、本気ですべてを愛したなんていえるよう

にはなっていないわ!!!!

自分の気持ちだけは愛したけど、人を我が身のように愛したか?と問われたら、「はい!」

なんて返事ができない。これはエライことになりました。

死とは今までの人間関係が切れること。

あ~・・・・それは困ります。まだ、中途半端だわ^^^^^


2009/12/16(Wed) 09:07 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック