2009年09月20日 (日) | Edit |
ラマナ・マハリシ著 山尾三省訳「ラマナ・マハリシの教え」めるくまーる社より(6)


19 無執着とはどういうことでしょうか?

想いが起こったとき、その想いの根をあますところなく
完璧に消滅させてしまうこと、それが無執着である。

真珠採りは腰に石をしばりつけて
海の底に潜り、そこで真珠を採る。

私たちは無執着とともに自分自身の内に潜り、
自己という真珠を手に入れなければならない。


20 神および師(グル)は、魂の解脱をもたらすことは
できないのでしょうか?

Die essenziellen Lehren. Eine Reise in BildernDie essenziellen Lehren. Eine Reise in Bildern
(2005/07)
Ramana Maharshi

商品詳細を見る


神および師(グル)は、ただ解脱への道を示すだけだろう。
神やグルは、自分で弟子を解脱の境地に連れてゆきはしない。

神とグルが別のものではないということは、真実である。
虎の顎にくわえられた獲物逃がれるすべがないように、

グルの慈悲深い目の内に入った者は、グルによって救われ、
見棄てられることはないだろう。

けれどもひとりひとりは、神あるいはグルによって示された道
を自分自身の努力で追求し、やがて解脱を得なければならない。

人はただ自分自身の知識の目によってのみ、自分自身を知ること
ができる。他者の目によってではない。ラーマ神がラーマ神で
あることを知るために、鏡の助けを借りる必要があるだろうか。


21 解脱を願うものにとって、世界の構成要素(タットヴァ)
を探究する必要があるでしょうか?

台所のゴミを棄てるのに、その中身が何であるか調べたり分析
する必要は少しもない。同様に、自己を知ろうとする者には、
世界の構成要素の数をかぞえたりその性質を調べたりする必要
はない。

彼がしなくてはならないことは、自己を覆い隠しているすべての
ものを、構成要素などというものともどもにぬぐい去ることで
ある。世界はひとつの夢のようなものと見なされるべきである。


22 眼が覚めているのと、夢を見ていることに違いはない
のでしょうか?

眼が覚めている状態は長く、夢は短い。この他には何の違いも
ない。眼覚めている間に起こるできごとが真実と思われるように、
夢の中のできごとも夢の中では真実のように思われる。

夢の中では、心は自分のものではない身体に宿っているかのこと
く装っている。眼が覚めている状態と夢の両方の状態にあって、
想い、名前、形が同時に現れてくる。



次回につづく


スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
「触れて、手放せ」
いったい誰が「なぜ?」といっているのかを調べて
みるのもいいかもしれません。


湧き起こって来る「怒り、喜び、苦しみ、悲しみ」
などの感情を観察します。

感情を観察しただけで、それらの感情が消えてしま
ったり、気分が落ち着いたりすることもあります。

また、それらの感情が生じた背景や筋書きが見えて
くる時もあります。

大切なことは、怒りを抑圧したり、苦しみから逃げ
ようとしないことですね。

あるがままの只今の自分に「触れて、手放せ」です。


2009/09/22(Tue) 19:09 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
No title
自己にたどり着くためには、さまざまに湧き上がる感情をみるとよいと思えるようになりました。

怒り、喜び、苦しみ、悲しみ、・・・・それは本来の自己とはまったく関係のないものなのだと教えてもらいました。自己は青空。それ以外は湧き上がる雲にすぎないと・・。同じ現象をみても、なんの反応もなく過ぎ去る人、なぜ、自分はそれにつまずいているのか????もつれた糸を、現在近くから、ほぐしていくと、どうにも手のつかないような 団子状になったもつれにぶつかった。諦めないで、逃げないで、自分に慈悲の目をもち、励まし、その理由の根源近くにまでたどり着く。

その根本近くには、真っ黒に固まった小さな小さな自分がいた。悲しみと諦めと誰もせめることができない矛盾でつぶされそうになり、歪んで凝り固まって、そこにいた。
発見した、大人になったやまんばは、その子を涙で大きく包み込んだ。

なぜ、私は怒るのか?なぜ私は自分勝手に思い込むのか?なぜ、現実からにげようとするのか????いっぱいのなぜ?に答えがあらわれる。
詰まった道にトンネルが開けられ、ひとつ通過できたようだ^^^^^

それは時として、苦しみから逃げ出したいあまり、死をも選びかねない危険なこと。

人からみたら、なんということのない、そこいらに転がっている現象なのに・・・・・・。

それは通過して初めてわかること。

不安や苦しみが大きく感じられるほど、青空とか真珠と例えられる自己にたどり着く道は案外近いということなのかもしれない。

自分をみていると、「なぜ?」はまだ続いている。
しかし、「さまざまな感情は自分の中から起こっている」ことは理解できたので、その鉾先が人に向けられることは少なくなっているように感じます。

それだけでも、本当に、本当によかった!と思っています。







2009/09/22(Tue) 12:19 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック