2009年06月25日 (木) | Edit |
映画「禅ZEN」観ました。
2009年1月10日に公開されたばかりなのに
早くもレンタルで観ることができます。
(DVD発売は、6月26日(金)からです)

あまり期待はしていませんでしたが、
その通りでした。

道元禅師は親鸞や日蓮や他の宗祖に比べても
ドラマチックなエピソードに乏しく、小説や
映画に登場することも多くありませんでした。

道元禅師は、中国、天童山の如浄禅師の下で
修行し、「眼横鼻直」を悟ったと言われてい
ます。

眼横鼻直とは、眼は横に鼻は縦についている、
という当たり前の事実。

禅 ZEN [DVD]禅 ZEN [DVD]
(2009/06/26)
中村勘太郎内田有紀

商品詳細を見る


しかも、日本には仏教の経典も仏像も持たず、
空手還郷(空手で故郷に還る)をしたのです。

まあ、決して間違ってはいないのですが、
地味というか、ドラマになりにくいという点は
否めません。

映画では、売春婦役の内田有紀やその夫役の
哀川翔が汚れ役をしっかりこなしていましたし、
北条時頼役の藤原竜也も悪霊に取り付かれた様
子を好演していました。

というわけで、ろくろくのこの映画の評価は星☆☆☆です。


道元禅師 映画『禅ZEN』予告編 youtubu
http://www.youtube.com/watch?v=fnWXt-3I1U4



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自己をわするるなり
映画「禅ZEN」を観るとき
「あまり期待はしていませんでした」
と書きましたが、やはり期待していたのです。

禅のことが少しでも理解できるかもしれない
と考えたのでした。

正法眼蔵の現成公案などに触れて、そのことを
より分かりやすく映像化していないかな、
などと期待したわたしがアホでした。

仏道をならうといふは、
自己をならふなり。
自己をならふといふは、
自己をわするるなり。
自己をわするるといふは、
万法に証せらるるなり。
万法に証せらるるといふは、
自己の心身、
および佗己(たこ)の心身をして
脱落せしむるなり。

「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」
現成公案(げんじょうこうあん)

2009/06/26(Fri) 22:57 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
レンタル中でした^^
かわりに以前紹介された「イキガミ」を借りて見ました。小学校の入学時の予防接種に時限爆弾のように、死がうめこまれていて、それがだれなのかわからない。だから、常時「死」と隣り合わせ。
全員がそうなら、どんな世界になるのだろうか?想像もつきませんが、やまんばはいつ死ぬかもわからない生活から解放され、なんだか、ほっとするのではないかと思いました。死ぬときがわからないこそ、生きられるし、死があるからこそ、この世は美しく、また生きてることを大事にできるのだ!思いました。しかし、想像もつかないおもしろい発想の映画でした。
2009/06/26(Fri) 07:24 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック