2009年06月09日 (火) | Edit |
「わたしも、思考と自己の違いを理解して、楽になりたい~
まず、どうしたらいいでしょうか?」とYamabukiさん。

思考の特徴は、いま、ここ、にいないことです。
過去の記憶をあれこれ思い出して、問題に対処しようと
するのです。

刻々と変化するあるがままの現在を、
思考は把握することができません。

問題に取り組もうにも、
思考は過去しか把握できないのです。

卑近な例でご説明しましょう。
私たちの悩みの多くは身近な職場や家族などの
人間関係にあるのではないでしょうか。

そうした問題の多くはトラブルメーカーが引き起こしたもの
であります。

トラブルメーカーには共通した性格があります。

人の話を聞かない。
自己中心的であり、
人をコントロールしようとする。
いつも自分は正しいと考えている。
怒りっぽい。
不平不満が多い。

など、数え上げたらきりがありません。

いつも自分は正しいと考ていますから、
人の話を聞く必要がありません。
なにか問題が生じたときは当然、悪いのは他人
であり、自分は被害者であると考えます。

本人にとっては怒るのは当然でありますから、
だれも近づかなくなります。
いよいよ不平不満が多くなります。

とまあこういった悪循環が続きます。

この「いつも自分は正しいと考えている」のが「思考」であり
ます。

現在のあるがままを観察していると
「自分は案外と失敗している」ことが理解されるようになります。

そして「あるがままを観察している」のが「自己」であります。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
いつも、夜中に読むのですが、考えてると、
眠ってしまって…、コメントできなくてすみません。

過去の記憶の枠内でしかない‘思考’を、
あるがまま観察できたら、
自分だと思ってる自分をを越えられる…
そしたら愛の意識が広がるのかな……

眠くなりましたので、
おやすみなさい


2009/06/11(Thu) 23:14 | URL  | Yamabuki #-[ 編集]
思考=トラブルメーカー
ごめんなさい。このやまんばさんのコメントに対する
ろくろくのコメントも、明日朝(多分おそらくキット6時)
のメインページに掲載しようと思っております。

できるだけ分かり易く表現できたらいいなぁと
おもっています。

思考=トラブルメーカー
自己=目撃者

でしたよね。





2009/06/10(Wed) 13:37 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
最近思うこと
これも思考なのですが。
 思考は玉ねぎの皮のように幾重にも重なり、また蛇のように複雑に絡み合い、思考から離れて今を生き抜くのは大変むつかしいのではないかと思うのです。(ろくろくさんが書かれているように、私はほとんど、過去に生きてるのだと思う)やまんばは以前、思考が全くなくなった世界を青空のイメージで捉えたのです。思考は雲。一瞬わかったような気持ちになり、喜んだのですが、その喜ぶ気持ちも雲にすぎないし、そのあともまあ、次から次へと、思考の雲がわき起こり、まるでやまんばは思考に乗っ取られたようなような状態になること、しばしデス。
なんでそうなるのかと、またまた思考に走る。最近はすべて粒子と捉えられているようで、自分の周囲には常時ちがった粒子がやってくるので、常にそれを感じ、バランスを取っているのが思考を産むのではないのかなあ?と思ったり・・・これまた思考。
とにかく、そこから抜け出すには、体の感覚を感じるのが一番早い!感覚と思考は同時に存在できないようだ。
体の感覚を感じることこそ、今に生きるということなのかもしれない・・・ろくろくさん、やまんばはコメントをかきながら、まとまらなくて困ってしまいましたデス^^^^。わからないなりにも、その青空と感じるところこそ、愛そのものではないかと直観的には感じています。
そう結論付けると、神は愛なり・・・という言葉がなんだか、自然に理解できるのです。が、これも思考。忘れるんですよねえ。やまんばは悶々と思考の中でまた遊んでいる始末。

キーボードをたたくときの感触・・・・
静まりかえった中でのキーボードをたどたどしく叩く・・音
机の蛍光灯からくる わずかな熱
息を吐くと鼻の下が温かく 吸うと鼻の中は冷たい。

感覚、感覚

・・・えっと、そんなことしてどうなるのだったっけ?
こらっ!また、思考に走ってる!^^^^^^

やまんばは横たわり、青空をイメージする
私は青空、 雲は私ではない 青い 青い
あは~~~今度は眠くなってきました^^^^ 

まあ今日はここらで眠ります。おやすみなさい。
2009/06/09(Tue) 22:55 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック