2009年05月23日 (土) | Edit |
「世界中どんな社会でも最も殺人を
犯しやすいのは20代前半の男性だ」

進化生物学者・長谷川眞理子(日本進化学会会長)さんは
進化論の立場から「殺人の研究」をしている。

殺人を研究するに当たって長谷川さんは、個々の殺人が
どのように起きたのかを分析するのではなく、
国など大きなヒトの集団を一つの単位として全体の傾向
を分析する手法を取る。

このアプローチがあぶり出した事実に「世界中どんな社
会でも最も殺人を犯しやすいのは20代前半の男性だ」
というヒトの驚くべき性質がある。

クジャクの雄はなぜ美しい?クジャクの雄はなぜ美しい?
(2005/09)
長谷川 眞理子

商品詳細を見る


ろくろく:ヒト以外でも他の動物のオスが、
メスを獲得するためにオスとオスが死闘を
繰り広げるのをよく見かけますよね。

ヒトの場合も
動物の遺伝子が働いて殺人を犯してしまうの
ではないか、ということなんですよね。

それと、最近しばしば起きる殺人事件の例に
子連れの女性と一緒に生活している男性が、
その子供を折檻した末に殺してしまうケース
がありますよね。

この場合も同様な例が他の動物にも見うけら
れるというのは「前夫の子供は抹殺すること」
という本能が働くのかもしれないですね。

私たち人間の理性を超えたところで働く本能的
な力に敗れたからといって

「いたいけな子供を殺すなんてとんでもない
非人間的な奴らだ!」と一方的に非難するのも
ちょっとだけ気の毒な気持ちにもなります。

といってもやはり人間の子殺しを是認すること
はとてもできませんです。


長谷川:あの、大学で教えている時に、生物学でこう
やってゾウやアザラシが一所懸命けんかしたりするの
を見せていろいろしゃべると、

時々ね、生き物は何でそんなに一生懸命生きているか
分からないっていう質問をする子がいるんですよ。

で、私はすごい驚いたの。何を説明しようかというと、
一生懸命生きてなかったら、いないのよと、ここには。

生き物ってみんなそうやって一生懸命何かやって、
で、子どもが残って、上の世代は死んじゃって、
その子どもがまた一生懸命何かやって、
だから一生懸命やっていないっていうのは、
見ることが出来ないのよ。

で、それでもしあなたが一生懸命生きなくてもいられて、
人から一生懸命やっていない人がここにいるっていうの
が見られるとしたら、それは随分不思議なことで、
生き物としては。

それは誰か別の人が、あなたがそうやって一生懸命やら
なくても生きていけるように支えてくれているからなの
よっていうのだけを言うんです。


5月25日(月)午後3:15~<総合>、
27日(水)午前2:30~(火曜深夜)<BS2>再放送予定です。
http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20090519.html




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
草食男子
草食男子・・という言葉を検索してみました。
      「U35男子」・・1970年以降に生まれ      たUNDER35世代をいう 
他にも知らない言葉が出てきた。雑魚寝男子、添い寝男子、バブル女・30女・肉食おじさん・・・。
結婚しない若い人が増えているけど、わかるような気がするなあ。なんか、面倒なのでしょうねえ。
それに明日が見えない不安もあるし・・女性のほうも経済的に安定しているし、何も結婚して苦労はしたくないのでしょうね。そうこうしていると、いつのまにか40才近くに手が届いてしまっている。
あっという間に、人間 年だけは確実に取っていくからね。笑えません。

ろくろくさんのコメントのなかの、
「理性を超えたところで働く本能的な力」・・これもなかなか深刻です。

2009/05/26(Tue) 06:27 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
戦後殺人が1/5に
日本では戦後、殺人が1/5に激減したのだそうです。
そのかわりに増えたのが「ひきこもり」。

若者が「一生懸命」働かなくても、生きていける時代
になってしまった。

ところが昨今の不景気。様相が一変してきています。
幸か不幸か「一生懸命」働かなくては生きていけない
時代が再来して来つつあります?

ということは、また若者の殺人が増えはじめ、
恋愛やセックスをしたがらない「草食男子」が減る
ことになるのでしょうか。


2009/05/24(Sun) 15:04 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
心に響いた言葉
誰か別の人が あなたがそうやって一生懸命やらなくても生きていけるように 支えてくれているからなのよ
2009/05/23(Sat) 08:09 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック