2009年03月30日 (月) | Edit |
「なまけ者のさとり方」がもう1つありましたので
ここに掲載させて頂きます。
何度読み返してもいいですね。

なまけ者のさとり方なまけ者のさとり方
(1988/04)
タデウス ゴラス

商品詳細を見る


私達の経験すること、すなわち、
考え方、気持ちの持ち方、対人関係などには、
すべてに時間的な始まりと終りがあります。

しかし、私達自身に
始まりと終りがあるわけでは
ありません。

「スペース」レベルになった時、すなわち、
私達の意識が完全に広がった時、
時間というものは常に「今」となります。

「かたまり」のレベルにおいては、
さけられない相互作用が生じ、
その相互作用の積み重ねによって、

私達は時の経過というものを
認識しているのです。

意識が広がれば広がるほど、
そのような相互作用の中に
巻き込まれることが少なくなるのです。

私達が認識する時間というものは、
時計の針の進みぐあいと同じではないことは、
日常よく体験しているところです。


自分の認識力を一つのレーダーだと
想像してみてください。

あなたは波動を発しています。
そしてその波動はある対象物にあたって
もどってきます。

・・・・・・
たとえば、誰かが今、
テーブルを揺すっています。

そして、さあ大変! 
テーブルの上のコーヒーカップが
ずり落ちそうになっています。

あなたの認識のバイブレーションが非常にあらいと、
あなたの波動はたった三つほどの
情報しか送ってきません。

カップが最初にあった位置、
床に落ちる途中、
床にあたってこわれた時
の三つです。

でもあなたのバイブレーションが非常にきめ細かいと、
あなたはカップがずり落ち始める前に、
すでに多くの情報を受け取って、
カップがどの方向に動き出すかまで、わかります。

そして、時間が十分あって、
カップが割れるのを防ごうと思えば、
手を伸ばしてカップを取り上げる
余裕があると感じるでしょう。

ところが、あなたのバイブレーションがあらいと、
物事があっという間に起こるように感じます。

そのために、物事をコントロールするには、
大変なエネルギーがいるように感じられるのです。

しかし、バイブレーションが細かければ細かいほど、
まわりから沢山の情報が入り、
物事がゆっくり起こるように見え、
あなたは物事をコントロールできるように感じるのです。

そして、あなたが愛を大きくすればするほど、
バイブレーションは細かくなります。

そして、物事をコントロールする
必要も感じなくなって、
変化や多様性を恐れなくなるのです。

すべての物事をもっと深くゆったりと、
いとおしい気持ちで体験できるようになります。

・・・・・・
あなたの目の前に悪いことが生じた時は、
それから目をそらさずに、できる限り、
そのことをよく見つめてください。

その出来事と共にいることが大切なのです。

何か嫌なことがあると、
自分の部屋に閉じこもったり、
町を逃げ出したりするものですが、

嫌なことから急に逃げようとすると、
あなたは低いバイブレーションに
つかまってしまいます。

そして、ひとつ、
嫌なことから慌てて逃げだすと、
次々に同じような嫌な目に合うものです。

嫌なことは次々と起こり、
あなたを悩ませ続けます。
そして、あなたがそれに耐え、

さらには愛することができるようになると、
あなたのバイブレーションが上がり、
嫌なことは起こらなくなります。

・・・・・・
不愉快なことを愛するという体験を
二、三回してしまえば、
誰かがあなたをひどい目に合わせたり、

不愉快な気分にさせたりする前に、
(すなわち、コーヒーカップが落っこちる前に)
す早くそれを察知して、

あまり巻き込まれない内に
的確な行動がとれるようになります。

・・・・・・
あなたのバイブレーションが低ければ低いほど、
あなたの人生は不愉快なものになります。

人と対立し、イライラし、
苦痛に満ちた人生になってしまうでしょう。

そしてすべての物事は突然、
何の前触れもなく起こっているように見えて、
あなたにはどうにも手のほどこしようがなく
感じられるのです。

そのくせどこにも出口が見つけられないので、
時間は耐え難いほどに長く感じられるでしょう。

しかし、もし、
あなたが自分のバイブレーションを高めさえすれば、
いつでも問題(精神的にも肉体的にも)を
上手に避けられるようになって、

世界が文字通り、
よい方向へと変わってくるのです。
愛は最も強力な魔法なのです。

地獄さえも愛することができるようになれば、
あなたはもう、
天国に住んでいるのです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック