2009年03月14日 (土) | Edit |
今月のNHKBSh17時~18時は、
「完全保存版“私の1冊 日本の100冊”」と題して
日本の様々な分野で活躍する100人が、それぞれの
心に持つ特別な1冊を熱く語ります。とうたって
毎日5冊づつエピソードを交えて紹介しています。


わたくしも結構な本好きですが、100冊のなかで
読んだ本は僅か20冊位です。
何故に「位です」というかといいますと、読んでい
てもその内容をすっかりわすれてしまっている本も
あるからです。


昨日紹介されていた本の中で興味深かったのは
橋本夢道著「橋本夢道句集 無禮なる妻」

無禮なる妻―橋本夢道句集無禮なる妻―橋本夢道句集
(2009/01)
橋本 夢道

商品詳細を見る


無礼なる妻よ毎日馬鹿げたものを食わしむ

すいとん畳に下してきて不服を言わさぬ妻

 
さんま食いたしされどさんまは空を泳ぐ

天が不仕合せをたまわるごとし芋を食う

妻よおまえはなぜこんなにかわいんだろうね


彼は心から奥さんを愛していたんですね。
「無礼なる妻」の句も裏返しの妻への愛情。

わたくしもしばしば、愛情表現のつもりで
「毎日馬鹿げたものを食わしむ」みたいなことを
言うことがありましたが、女の方に理解されたこ
とは一度もなかったです。

そのほとんどが喧嘩の種になったですね。




http://homepage1.nifty.com/B-semi/library/koiku/13hashimoto.htm
http://yahantei.blogspot.com/2006/07/blog-post_115193719141552076.html
http://mudo.seesaa.net/


http://www.nhk.or.jp/book100/
http://www.nhk.or.jp/book100/sp.html





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック