2008年12月16日 (火) | Edit |
A・スマナサーラ著「自分に強くなる」サティ瞑想法 国書刊行会より(18)


お金や、自分の業績や、家や、宝石や、皆がすごく大切に
しているいろいろなものは結局何の頼りにもならないとい
う真実を、しかし人はなかなか認めたがりません。

そういうことは信じたくないのです。
やはりいざというときにはお金が頼りになるのではないか、
親戚が頼りになるのではないかと考えるのです。

特に歳を取ると、たいていの人は貯金をします。結局それ
はお金が一番頼りになるという証拠でしょう。
しかし、そんなにもお金は頼りになるのでしょうか?


このあいだの阪神大震災を見て下さい。あれほどの大きな街
がたった数分で壊れてしまって、5千人以上の人々が亡くな
ってしまったのです。

役所も企業も、だれも守ってくれません。前日の夜はふつう
通りに、明日は早く会社に行かなければなどと言って寝たで
しょう。

それが翌朝、大地震に飛び起きてみると、家も会社もすべて
なくなってしまっていた。それどころか、奥さんや子どもた
ちが死んでしまっていた人も多くいるのです。

何と悲しいことでしょう。そういうなかで皆さんがいろいろ
助け合って災害から立ち上がったことはすばらしいことだと
おもいますが、ここでひとつの重大な真実に気がつくのです。

それは、この強固な大地でさえも頼りにならなかったという
ことです。どんな立派な建物を造っても、それが壊れるには
二十秒もあれば十分です。

神戸という大都市をつくるためにはいったい何十年かかった
のでしょうか。あの高速道路やビルや工場や埋め立て地のポ
ートアイランドなど、長年かけて莫大な費用でつくられたも
のです。

それが瞬間にしてぜんぶ壊れてしまったのです。そういう現
実が眼の前にあってもなお私たちは、ものが大事だ、ものが
頼りになる、ものが助けてくれるとおもっているのです。

あんなにひどい地震はぜったいに神さまのお怒りにちがいな
いと言う人もいるかも知れませんが、そんなはずはありませ
ん。

もしそういう力のある神さまがおられるのなら、またあっと
言う間に街をつくることもできるはずです。でもそういうこ
とは決してありません。

ですからだれのせいでもなくて、あれは自然の法則なのです。




次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
地震の神
スマナサーラさんとは違って、
日本はもともと自然崇拝の国ですから、
自然が神様なのですね。

なゐの神という地震の神様もちゃんと
いらっしゃいます。もっともなゐの神が
地震を起こすわけではないようです。

ギリシャ神話に出てくるポセイドンは、
海の神・馬の神として有名ですが、
エノシクトーン (大地をゆすぶる者)と
いう呼び名があって、地震の神でもある
そうです。

インドのヒンズー教の最高神であるシヴァ
は、世界が終わりに近づいた時に全てを
破壊して、初めから創造する神だといい
ます。破壊と創造を一つの神様が兼ねている
ところが面白いですね。

日本人が勤勉なのは、毎年のように台風や
地震に作物や家屋を破壊され続けたからかも
しれません。

阪神大震災にしても、広島が原爆を投下され
壊滅状態になっても、というか壊滅状態にな
ったからこそ、創造のエネルギーが湧き出て
きたのではないでしょうか。




2008/12/16(Tue) 21:03 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
亡くなった母がテレビに映る阪神大震災の被害状況を見たとき、突然気分は悪くなり吐いたそうです。
その年の春に亡くなったのですが、死期が来ていたとはいえ、被災地の方はもとより、多くの人がショックをうける状況でした。
しかし、人間の力は途方もないほど大きいのですね。
もう、二度と復興することはできないのではないかと思われるような状況から、どんな場合も見事に立ち直っています。
災害は自然の法則と書かれていますが、それに立ち向かうことができるエネルギーはどこからくるのでしょうか?やまんばはやはり、神や仏、愛、いやまた宇宙の法則と名前はいっぱいあるでしょうが、目にはみえない何かの働きがあるとしか思えません。スイミーのように、小さなものたちが一つに集まると、信じられないような力を発揮します。その力や知恵はどこからくるのでしょうか。この世はわからないことだらけ、説明のつかないことがいっぱいです。
どうしてみんなとてつもなく困ったときに、胸に両手を合わせて「助けて」と自然に祈るのでしょう。誰にも教えてもらったわけでもないのに、全世界、これはどこでも同じ仕草なのではないでしょうか?
2008/12/16(Tue) 19:29 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック