--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月21日 (火) | Edit |
ラマナ・マハリシ著 山尾三省訳「ラマナ・マハリシの教え」めるくまーる社より(61)


弟子 前にも言いましたように、わたしたちは世界をさまざまな
方法で見たり感じたりします。これらの感覚は、見られ感じられ
る対象物の反作用であって、人によって異なるばかりか、

同じ人間にあってさえ異なる夢の中でのような心の創造物ではあ
りません。このことは、世界の対象物としての実在性を証明する
のにじゅぶんなことではないでしょうか?

マハリシ 現実と夢との不一致に関する先の話と、夢の世界のそ
れなりの正当性は、あなたが眼を覚ましている今になってわかる
ことである。

あなたが夢を見ている間は、夢は完全に全体的に完成していた。
夢の中で喉が渇いていて、幻の水を幻に飲んでも、その幻の渇き
は癒された。


このことはすべて、あなたが夢そのものが幻であると気づかない
かぎりは、本当であり幻ではない。

眼覚めた世界にあっても同様で、あなたの今の感覚が、世界は実在
であるという印象をあなたに与えるべく調整しているのである。

反対に、もし世界が自存する実在であるならば――それは、あなたが
対象性という言葉によって明瞭に表現したものである――、眠ってい
るときには、なぜ世界は現れないのだろうか。あなたは、眠っている
ときには存在していなかったと言うことはできない。

弟子 私は、私が眠っている間の世界の存在を否定などしていません。
それはずっと在りつづけます。私が眠っている間にそれを見なかった
としても、他の眠ってない人がそれを見たでしょう。

マハリシ 眠っている間にもあなたが存在していたと言うために、
それを証明してくれる他者の証言が必要だろうか。なぜあなたは
今その証言を求めるのかね。

その他人は(あなたが眠っている間に)世界を見ていたことを、ただ
あなたが眼覚めたときにおいてのみ告げることができる。あなた自身
の存在について言えば、それとは異なっている。

眼を覚ましたとき、あなたはよく眠ったと言う。それは、そのときあ
なたは、世界の存在についてのわずかな注目もなかったにもかかわら
ず、最も深い眠りの中にありながら、あなた自身については知覚して
いるということである。

眼を覚ましている今でさえ「私は実在だ」といっているのは、
世界かね、それともあなたかね。

弟子 もちろん私がそれを言っていますが、
私はそれを世界について言っているのです。 

マハリシ それなら、あなたが実在だと言っているその世界は、
あなた自身の実在については無知でありながらその実在を証明しよう
としているあなたを、本当は無視しようとしているのだ。

いずれにしろ、あなたは世界は実在であると主張したがっている。
その実在の原点は何かね。それ自身で存在するものだけが実在で
あり、それ自身によってそれ自身を表わすもの、永遠で不変のものが
実在である。

世界はそれ自身で存在するだろうか。
世界が、心の助けなしに見られたことがかつてあっただろうか。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
「もう、不満は言わない」
天風先生と同じ様なことを言っている牧師さんが
いらっしゃいます。とてもシンプルでわかりやすいです。

ブレスレットでも指輪でもなんでもいいですから
みなさんもやってみませんか?


「もう、不満は言わない」
ウィル・ボウエン著 高橋由紀子訳  サンマーク出版

全世界で600万人の人生を変えた秘密とは?
21日間不平不満を言わなければ、すべてが思いどおりに!

自分が一日、どれぐらい不満を言っているか数えてみたことってありますか? 
特に「自分はそんなに不満は言っていない」と思っているあなた。
是非、試してみてください。

本書の著者ウィル・ボウエンは「不平不満を言わないようになれば、
良いことがたくさん起きるはずだ」という発想に基づいて紫色のブレスレット
を配って、人々にこう呼びかけました。「自分が不平不満を口にしていることに
気づいたら、このブレスレットをもう一方の手にはめ換えてください。

そして21日間ブレスレットをはめ換えずにいられた時には必ず大きな変化が
起こるはずです」と。実際21日間を達成した人々の人生は好転しているそうです。
しかも、今はなんと全世界で600万人の人がこの運動を行っているのです。

カバーの折り返し
本書の著者ウィル・ボウエンは、不平不満から自分を解き放てば、
いいことがたくさん起きるというシンプルな発想に基づいて、
人生をすっかり変えてしまうような「不平不満のない世界」プランを
考え出しました。

ある日曜日の朝、教会の訓話の中で、世界を不平不満のない場所にしたいと
聴衆に話し、その気持ちが真剣なものであることを示すために、集まった人たち
みんなに紫色のブレスレットを配って、こう呼びかけたのです。

「自分が不平不満を口にしていることに気づいたら、
このブレスレットをもう一方の手にはめ換えてください」と。

本書では不平を4段階の状態に分けて説明しています。

1.自分が不平を口にしているのに気づかない段階
2.自分が不平を口にしていることに気づく段階
3.意識すれば不平を口にしないですむ段階
4.無意識に不平を口にしない段階

抜粋
人生を変える秘密
あなたが手にしているこの本の中には、人生を変える秘密が隠されています。
そんな大げさなって? そうかもしれません。でも、この本で紹介する方法が
おおぜいの人に役立っているのを、私はこの目で見てきたのです。
私のところには、成功を報告するメールや手紙が毎日送られてくるし、
電話もかかってきます。

この人たちがしたことは、ただ紫のシリコンブレスレットを手にはめて、
二十一日間、不平不満、人を責める言葉、ゴシップなどを口にしないように
努めたという、それだけのことです。

口にしてしまったら、ブレスレットをもう一方の腕にはめ直して、
また一日目からスタートします。

そうするうち、あなたには新しい習慣が生まれます。自分が口にする言葉を、
意識するようになるのです。

言葉を変えようとする努力によって、考え方にも変化が生じ、
やがて生き方そのものを考え直すようになります。
あなたと同じように初めは半信半疑だった人たちが、やってみた結果、
慢性的な体の痛みから解放されたとか、人間関係が改善されたとか、
仕事がうまくいくようになったとか、いつも幸せな気分で過ごせるように
なったとか、そういうことを知らせてくれます。


この21日間のプログラムですが、実際に連続で出来るようになるまでに
平均4ヶ月から8ヶ月かかるそうです。



2008/10/21(Tue) 19:39 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
夢と目覚めた世界は
どちらも実在していないということなのです。

夢の中で喉が渇いていて、幻の水を幻に飲んでも、
その幻の渇きは癒されます。夢の中では。

目覚めた世界ではそれが夢であり幻であることが
理解できます。

「眼覚めた世界にあっても同様で、あなたの今の感覚が、
世界は実在であるという印象をあなたに与えるべく
調整しているのである。」

夢の中で喉が渇いていて、幻の水を幻に飲んでも、
その幻の渇きは癒されるように、この眼覚めた世界でも
私たちの今のこの感覚が、世界は実在であるかのように
見せているというのです。

悟った世界から見れば、この眼覚めた世界も
泡、夢、水に映る影、蜃気楼のようなものである
ということであります。


2008/10/21(Tue) 18:58 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
夢と目覚めた世界
どちらも実在しているということなのだろうか。

ただ自分が今目覚めているという印象を自分に与えるように調整している・・・・ええ~?この調節を反対にしたら、夢のほうが現実として私はうけいれているのだろうか?頭が混乱しそうです。夢の世界で得たことを、やまんばも時々、無意識からのメッセージとして、現実に活かすこともありますが(こうすると現実がうまく運ぶということを、いつのころかわかったからです)夢とは一体何なんだろう?夢は幾通りも存在するなら、世界は無限に存在するということなのだろうか???

次の箇所にも目が止まりました。
「眼を覚ましたとき、あなたはよく眠ったと言う。そのときあなたは、世界の存在についてのわずかな注目もなかったにもかかわらず、最も深い眠りの中にいながら、あなた自身については知覚しているということである。」
2008/10/21(Tue) 08:34 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。