2008年09月20日 (土) | Edit |
ラマナ・マハリシ著 山尾三省訳「ラマナ・マハリシの教え」めるくまーる社より(51)


弟子 なぜ自己探求のみが、ジュニャーナへの直接的な方法
とみなされるのでしょう?

マハリシ なぜなら、アートマ・ヴィチャーラ(自己探求)を
除くすべてのサーダナ(修行)は、そのサーダナを続行する道
具としての心の留保を前提条件としており、

心なしにはサーダナは行ないえないからである。エゴは、
その人の修行の状態に応じてさまざまに異なった微妙な形を
とるが、けっして破壊されることはない。

ジャナカ王が「わしはとうとう、ずっとわしを亡ぼしつづけ
てきた泥棒を見つけ出したぞ。こやつは即決裁判だ」と叫ん
だとき、


王は実は、エゴあるいは心について言っていたのである。

弟子 しかしその泥棒は、他のサーダナによっても、同じように
捕まえられるかもしれません。 

マハリシ アートマ・ヴィチャーラ以外のサーダナによって、
エゴあるいは心を破壊しようとする試みは、警察官になりすまし
た泥棒が、泥棒すなわち彼自身を捕まえようとするようなもので
ある。

アートマ・ヴィチャーラのみが、エゴも、心も本来は存在しない
という真理を現わすことができ、人をして純粋な、差異のない自
己という存在、すなわち絶対を悟らせてくれる。

自己を実現すれば、知るべきものはもう何もない。
それは完全な至福であり、すべてであるから。

弟子 この束縛だらけの人生で、私は自己の至福を実現できるで
しょうか?

マハリシ その自己の至福は、つねにあなたとともにある。あな
たがもし熱心にそれを求めるならば、あなたのそれが見つかるだ
ろう。

あなたのみじめさの原因は、外部の人生にあるのではない。
それはエゴとして、あなたの中にある。あなたは自分で自分の
上に束縛を押しつけ、それを越えようと空しくあがいている。

すべての不幸はエゴに起因する。エゴとともにあなたのすべての
困難がやってくる。本当はあなたの内にある不幸の原因を、人生
のできごとのせいにすることでどんな利益があなたにあるという
のかね。

あなた自身にとって外的なものにすぎない事物から、どんな幸福
を得ようというのかね。もしそれを得たとしても、それがどれほ
ど長く続くものだろうか。

もしあなたがエゴを否定し、それを無視することによって焼き尽
くすならば、あなたは自由になるだろう。

もしあなたがエゴを受け入れれば、それはあなたに制限を課し、
あなたを、それを越えようとする空しいあがきの中に投げこむ
だろう。これがつまり、泥棒がジャナカ王を「滅ぼそう」とした
やり方である。

あなたが、本来はそれである自己であることが、
永久にあなたのものである至福を実現するための、
唯一の方法である。


(註)古ウパニシャッドの中に、聖仙ヤージナヴァルキャをこよなく
愛してその教えを受ける、ヴィデーハ国の聖王ジャナカが登場する。
このジャナカ王はラーマの父であるとも言われている。



次回につづく


↓↓↓あなたの応援↓↓↓(1日1クリック)お願いします。

にほんブログ村 哲学ブログへ人気blogランキング精神世界 ランキング



スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
自己探求
今日のラマナ・マハリシの言葉はとても大切なことが書かれて
いるように思いました。そこで重要なところをあらためて
抜き出してみました。


アートマ・ヴィチャーラ(自己探求)のみが、エゴも、
心も本来は存在しないという真理を現わすことができ、
人をして純粋な、差異のない自己という存在、
すなわち絶対を悟らせてくれる。

あなたのみじめさの原因は、外部の人生にあるのではない。
それはエゴとして、あなたの中にある。あなたは自分で自分の
上に束縛を押しつけ、それを越えようと空しくあがいている。

すべての不幸はエゴに起因する。エゴとともにあなたのすべての
困難がやってくる。本当はあなたの内にある不幸の原因を、人生
のできごとのせいにすることでどんな利益があなたにあるという
のかね。

あなた自身にとって外的なものにすぎない事物から、どんな幸福
を得ようというのかね。もしそれを得たとしても、それがどれほ
ど長く続くものだろうか。

もしあなたがエゴを否定し、それを無視することによって焼き尽
くすならば、あなたは自由になるだろう。



不幸の原因は外部の人生にあるのではない。あなたの内にある。
外部の人生のできごとのせいにするな。エゴを否定し、無視し、
エゴを焼き尽くせば、あなたは幸福になる。ということですね。





2008/09/20(Sat) 21:15 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
死のリハーサル
やまんばさんは、棺の中はお母さんの子宮の中に戻る感覚では
ないかとおっしゃいますが、棺の中で実際に眠ったことがない
のでわかりません。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、勾玉みたいに体を丸めて寝て
ますよね。だから写真のような棺の中で寝るのとはちょっと違う
ような気もします。

以前は樽の棺があって体を曲げて死体を入れていたそうです。
樽の棺だとお母さんの子宮の中に戻る感覚に近いかもしれま
せん。

わたしの場合は棺の中に寝て、臨死体験とか、死のリハーサルを
してみたいといった気持ちが働いているように思います。


2008/09/20(Sat) 21:08 | URL  | ろくろく #-[ 編集]
棺の中で眠る
やまんばはこう思いました。
棺の中はお母さんの子宮の中に戻る感覚なのだと。

以前お話したのですが、小さい時、お寺の境内での、隠れ場所の一つに、松の根元が30度くらいに傾いて成長したのがあり、幹が丁度子供一人が入れるようなこっぽりした空洞があったのです。(棺桶の中に似ていると思います^^)そこに入るととても気持ちがやすらぐのです。人気の隠れ場所。見つかるのにかならず誰かが入っている。そんな隠れ場所でした。
ろくろくさんもきっと無意識に、生まれる前の至福の感覚に戻りたいのではないでしょうか^^水晶の枕で棺桶みたいなベッドで眠ると、どんな夢に出会うのでしょうか?
手軽に自宅でその感覚を味合うには、敷布団の上に自分の周囲を布団で囲み(整然と置くのではなく柔らかくグチャグチャに置く)、その中にお母さんのお腹の中のあかちゃんのようなポーズで横たわり、顔のあたりに柔らかな布やふとん(自分でお気に入りの柔らかさで顔をスリスリする)を置くといいのではないかと思います。
実はやまんばはその感覚が好きで小さいときよくそうやって眠っていました^^。なんだか幸せな気持ちで眠れるのです^^ろくろくさん、一度試して感想を聞かせていただけませんか^^^^・・・・(冗談ですよ。)

町並みや自然の中で現代アートに遭遇すると、人間が造るものが、なんと小さく見えることか、自然の大きさや美しさが逆に引き立つのが多いなあと思います。
自然のほうが人間と遊んでくれてるのですね。

サラ、ベルナールの肖像画、美しいですね。うねりのラインが印象的でした。いろいろ紹介してくださってありがとうございました。楽しかったです。

2008/09/20(Sat) 06:41 | URL  | やまんばさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック