2017年11月22日 (水) | Edit |
京都学園大学バイオ環境学部の微生物機能開発学研究室のブログによると
http://archive.kyotogakuen.ac.jp/~microbio/news/2013/08/000210.html

米麹甘酒と酒粕の成分表が、文科省の五訂増補 日本食品標準成分表に
データが載っているそうです。

この日本食品標準成分表にある甘酒についての説明では、

「甘酒は、通常、米麹(こうじ)、米飯、水とを混和し、50~60℃で、
12~24時間保温、糖化させて造られる日本古来の飲料である。
なお、甘酒はアルコール分をほとんど含まない。」

とあり、これは水分含量が100 gあたり79.7 gとなっていることから、
そのまま飲めるストレートタイプの甘酒と思われる。

酒粕のほうは、日本食品標準成分表には「酒粕」として載っているのみで、
酒粕甘酒としてのデータはない。そこで京都学園大学バイオ環境学部の
微生物機能開発学研究室では、酒粕を水分含量79.7%になるように水で薄め
たものと比較してみたという。

その結果、

[READ MORE...]
スポンサーサイト