2016年05月15日 (日) | Edit |
養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書より(19)


これでやっと空の説明ができる。

意識が立てるのは、根本的には秩序である。
ところが秩序はかならずゴミを出す。

だから全体としてみれば、
「何か起こったようでいて」、
じつは「なにも起こっていない」。

ゴミを含めた全世界のトータルは、
つねにゼロだからである。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術