--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年04月15日 (金) | Edit |
養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書より(18)


有名な「色即是空」の「空」は、
ゼロでいうなら、
「数はないが、数字の一つ」
と同じ意味であろう。

「無」はゼロの「数がない」
というほうの意味である。
だからこそ、

「是故空中無色無受想行識(これゆえ空のなかには
色なく受想行識もない)」

とあるので、「空のなかには」というのだから、
「空」はある。しかしそこには、「色」つまり感覚も、
「受」、つまり感覚入力も、概念も行動も意識も「無」、
つまり「ない」。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。