--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年03月15日 (火) | Edit |
養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書より(17)


いったい無思想という日本の思想は、
どこから来たのだろうか。

それが日本独自のものでないなら、
世界に味方が見つかるはずである。

これについて、ちょっと考えてみると、
だれでも思い当たることがあるのではなかろうか。

日本語では「無」という言葉は、
じつは頻用されるからである。



たとえば諸行無常。
諸行無常は立派な思想であろう。

そう思えば、無思想という思想は、
つまり仏教に由来したに違いない。

ところが日本の思想、日本の無思想を論じる人たちは、
お坊さん関係者ならともかく、
仏教のブの字もいわないのが普通である。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。