2016年02月15日 (月) | Edit |
養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書より(16)


日本に思想はないというこを考えていくと、
さまざまな日本的特質の説明ができる。

日本人が「形を重んじる」のは、
思想がないからである。
形に思想はいらない。

しかし形は動かしがたい。
同時に形は目に見えるから、
それは現実だと思われやすい。

こうして司馬遼太郎の日本論は、
『この国のかたち』(文春文庫)になった。

司馬遼太郎は典型的な日本人だから、
日本思想を論じる代わりに「かたち」を論じた。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術