2015年09月15日 (火) | Edit |
養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書より(11)


昔のように、お姑さんが、
「この家では、こうするんです」
と理も非もなく教え込めば、
嫁は反発するであろう。

反発すれば、考えるようになる。
しかし、私の育った時代からすでに、

「子どもには個性がある、個性があるんだから、
それにふさわしい教育をすべきだ」
という世界になった。

だから子どもを「自由」にさせておくわけで、
それで育った大人に明確な自分が「できている」
はずがない。

[READ MORE...]
スポンサーサイト