2015年04月15日 (水) | Edit |
養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書より(7)


日本人であっても、ロックと同じように、
指が落ちようが落ちまいがそれは
「同じ人」にきまっているじゃないか、

とふつうは思うであろう。
じゃあ訊くが、どこが「同じ」なのか。

人体を構成する物質は、
一年経ったらおそらく九割以上、
入れ替わってしまう。

一年経った人間は、
去年とはその意味では「別な人」である。

無思想の発見 (ちくま新書)無思想の発見 (ちくま新書)
(2005/12)
養老 孟司

商品詳細を見る


[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術