--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年02月15日 (日) | Edit |
養老孟司著「無思想の発見」ちくま新書より(5)


大家族の家単位だった私的空間が、
憲法上つまりタテマエ上は、
個人という実質的最小単位まで

小さくなってしまったのが、
戦後という時代である。

そうなると、実質とタテマエをなんとか
工夫してすり合わせるのが日本人だから、
どうなったかというなら、

「大きい」家族を、「小さい」個人のほうに
できるだけ寄せるしか手がない。

無思想の発見 (ちくま新書)無思想の発見 (ちくま新書)
(2005/12)
養老 孟司

商品詳細を見る


[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:仏教・佛教
ジャンル:学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。