2010年12月26日 (日) | Edit |
丁度一年前の2009年12月28日(月)のろくろくブログは
次のよう始まっています。


本年(2009年)も残すところあとわずかになりました。
大晦日まであと4日というなんとも気忙しいこの日に
ご紹介しなければならない本があるのであります。

スティーヴン レヴァイン (著)
Stephen Levine (原著)
ヒューイ 陽子 (翻訳) VOICE

「余命一年…だとしたら―残された時間があと一年、
と思って生きてみると」

であります。


なんだかやたらに力が入っている文章で、
当時の意気込みが感じられてかわいいとさえ思えてくる
一年後ろくろくですが、引き続き一年前の記事をご覧く
ださい。


死を見つめることにより、人生を活性化させる。
これは、長年アメリカで末期患者のケアを実践して
きた著者が発見した、逆転の発想による生き方。

もしあなたの余命があと一年しかないとしたら…。
あなたは何を考え、何を行い、何を見つけるだろうか。
死を見つめ、人や自分を許し、感謝し、人生そのものを
考え直すことができるガイドブック。

・・・・・
そこで私は読者に、これからの一年を人生最後の一年であ
るかのように生きてみることを提案したい。その結果、心
身を癒す力が増大すると思うからだ。

というわけで、お調子者のろくろくは、
「その話、のった~~!!」とばかりに
身近な何人かを巻き込んで、今回は大真面目に

「これからの一年(2010年)を人生最後の一年であるか
のように生きてみること」に挑戦したいと思うのであります。


このようにして「今年一年(2010年)を人生最後の一年で
あるかのように生きてみること」に挑戦したのです。

余命一年
余命一年…だとしたら―残された時間があと一年、と思って生きてみると
[READ MORE...]
スポンサーサイト