2010年10月27日 (水) | Edit |
週刊朝日(2010年10月22日号)の養生達人・健康問答、
帯津良一×立川談志の対談で

dansi

「ひとつの情報もこぼれてこないっていうのは、
やっぱり死後の世界はないとしか言いようがない」

と言う人もいますね。でも、私はまあ、あると思って
いたほうがいいかなって。と帯津良一先生がわけのわ
からないことを仰っています。

以前コメントにも書きましたが、盤珪禅師は

「不生で一切事がととのいまするわいの」
とおっしゃり、続けて

「いま不生でおるところで、死んでのち不滅なもの
ともいいませぬわいの。 生ぜぬもの滅することは
ござらぬほどに、そうじゃござらぬか」

つまり「生まれていない、のだから死ぬわけがない」
とおっしゃっているのです。 ろくろくはこの盤珪さん
の言葉がすべてを語りつくしているのだと思うのです。
死後の世界はない・・・・・

「私たちの誤解の最たるものは『私たちが誕生した』と
思いこんでいるところにある」とスティーヴン レヴ
ァインさんだったか?が仰っています。

えっ??私たち、誕生したのではないのですか?
と誰もが思ってしまいますよね。

盤珪さんもおっしゃる通り「不生」=生れていない、
のですから、死ぬわけがない。でも母から生れて
来たのもがあるのも確かですよね。

そこで何が生れてきて、
何が「不生」なのかということになります。

生れて来たのは肉体で、
その肉体に宿る意識=心は「不生」で不滅だ
というのです。

おっと前置きが長くなってしまいました。
余命は今日(10/27)で、後65日であります。
あと少しの命を大切にしたいものです。

今回は「肉体に生きる」(スティーヴン レヴァイン著
「余命一年…だとしたら」より153頁~)を共に学び
たいと思います。

yomei
余命一年…だとしたら―残された時間があと一年、と思って生きてみると

[READ MORE...]
スポンサーサイト