2010年09月29日 (水) | Edit |
一切の迷ひは わが身の贔屓(ひいき)ゆえに
出かしまする。

盤珪禅師の言葉

すべての迷いは、わが身可愛さから生まれます。

私たちには、
ただ一つだけ
親から授かったものがあります。

それは「不生の仏心」です。

せっかく「生まれながらにして悟ったココロ」を
親から授かったのに
仏心のままでいることができません。

「地獄のココロ」や「餓鬼のココロ」
畜生、修羅等のココロに替えて迷います。

bankei

総じてすべての迷いは、
わが身の贔屓(ひいき)から生まれます。
たいがいは相手の言い方にひっかかって
仏心を修羅のココロに替えてしまうのです。
せっかくの仏の身が凡夫になってしまいます。

相手が何を言っても、どんな態度でも
気にしないで、わが身のひいきをせずに、
ただ仏心のままでいて、
ほかのものに替えさえしなければ
けっして迷うことはないのです。

盤珪禅師逸話選盤珪禅師逸話選
(1992/10)
禅文化研究所

商品詳細を見る



[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:宗教・信仰
ジャンル:学問・文化・芸術