FC2ブログ
2009年06月22日 (月) | Edit |
東井義雄という人がいる。
この方も妙好人なのだそうだ。

妙好人をどう捕らえるか、についてはいろいろと
問題もあるようですが、ろくろくはその言葉の中に
光るものがあればそれでよいのではないかと
思うのであります。

東井義雄さんは浄土宗本願寺派「東光寺」の長男として、
明治45年(1912)4月に京都で生まれたそうであります。

いつも優しい先生が、珍しく厳しかったことがあるという。

それは、ある講演の帰路、お疲れのご様子だった先生を
グリーン車にご案内しようとし、講演先で受け取られ
枯れかけていた小さな花束をゴミ箱に投げ入れた時だった。

「私のような者がグリーン車に乗ると尻がくさる。
もったいなさすぎる、もったいなさすぎる。
こんな東井がすわってもよい席は、グリーン車にはない。」

とそこまで言われて絶句され、さらに、
「せっかくいただいた花束だのに。どれだけの学生さんの
お気持ちがこもっているか・・・、たとえ枯れかけていても、
私にはもったいなさすぎる。きれいなきれいな花束だのにどうして、
それを分って下さらないのか。」

そして、ゴミ箱から枯れかけた花束を取り出された先生は、
その後、大阪から姫路までの1時間余りの車内で、
それをじっと抱くようにしておられた。
もちろん、普通車の堅い座席にすわって・・・。


東井義雄「こころ」の教え東井義雄「こころ」の教え
(2001/10)
東井 義雄宇治田 透玄

商品詳細を見る


[READ MORE...]
スポンサーサイト