--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月30日 (木) | Edit |
A・スマナサーラ著「運命がどんどん好転する」慈悲喜捨の瞑想法 国書刊行会より(4)

その言葉を使えば、私たちはもう反論もできず
ぐうの音も出まいとおもうのか、勝ち誇ったような
態度になって最後にはこう言い出すのです。

「ね、人間はただ食べるために生きているのではありませんよ。
魂もちゃんとあります。精神的にも人間はちゃんとして生きて
いかなければ不幸になるだけです。
あなたもこういう宗教やったらどうですか?」

ここまで言われますと、
私のほうももう黙ってはいられなくなるのです。
何とか言わなければ、何とか自分の考えと言うものを
伝えなくては、と考えてしまうのです。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。