--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月31日 (金) | Edit |
タデウス・ゴラス著 山川紘矢(訳)「なまけ者のさとり方」地湧社 (1)


私はなまけ者です。
世間でよく言われているように、
さとりを開くためには何年も修行が必要だとか、

人一倍の努力や厳しい自己抑制、
自己鍛錬をしなければならないというのなら、
さとりは私には関係なかったことでしょう。

そのうえ、
食べ物に気をつけなければいけないとか、
たばこは体に悪いからやめろとか、

道徳にかなった生活をしなくてはいけない
というようなことになれば、
なおさらのことです。

さとりとは、
これらのこととはまったく関係がないと、
私はこの本で言いたいと思っています。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
テーマ:緘黙症
ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。