FC2ブログ
2010年06月20日 (日) | Edit |
最近ろくろくがなによりも感動したのは、
数々数々数々の困難を乗り越えて奇跡の
地球帰還をなしとげた「はやぶさ」の映
像でした。

「はやぶさ」は、2003年5月の打ち上げ

直後にエンジン1基が停止。

小惑星イトカワに着陸して石などを採取
した後、2007年4月にはさらに1基が停止。

残る2基のエンジンを交互に使用して地球
を目指していましたが、さらに1基のエン
ジンが故障したため帰還は絶望視されてい
ました。

そこで、停止したエンジン2基の正常に動
作する部分を組み合わせ、推力を確保する
ことに成功し、やっとこさ、このたび地球
に帰還できたというわけです。


はやぶさきかん




[READ MORE...]
スポンサーサイト
2009年12月04日 (金) | Edit |
司馬遼太郎原作NHKスペシャルドラマ
「坂の上の雲」がいよいよスタートしました。

三年位も前から「NHKでドラマ化されるぞ~」
と聞いてましたから、もう本当にすっかり待ちく
たびれてしまいましたが、みなさんはご覧になっ
ていますか?

いざ、11月29日(日)の第一回目を見ると、セット
も大がかりですし、CGもふんだんに使っていて、
これは時間もお金もかかっているなぁ~という印
象が隅々まであって、納得がいきましたですね。

司馬遼太郎の原作「坂の上の雲」(文春文庫)も
先月11月から読みはじめて、目下七巻目(全八巻)、
ロシアのバルチック艦隊が四十五艘、一万二千人
という大艦隊で、いよいよ日本に迫ってきている
ところです。

「坂の上の雲」とは、封建の世から目覚めたばかり
の日本が、そこを登り詰めてさえ行けば、やがては
手が届くと思い焦がれた欧米的<近代国家>という
ものを「坂の上にたなびく一筋の雲」に例えた切な
さと憧憬をこめた題名であるという。(Wikipedia)


坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)
(2009/10)
不明

商品詳細を見る


[READ MORE...]
2009年11月22日 (日) | Edit |
11月19日、歌手スーザン・ボイルのデビューアルバムが
オンライン小売大手アマゾンの予約数で記録を更新したことが明らかに。

今年の春(2009-04-19)当ろくろくブログでもご紹介しましたが、
英国の人気オーディション番組「Britain's Got Talent」への出演で
世界的に有名になった歌手スーザン・ボイル(48)さんのデビュー
アルバムが、オンライン小売大手アマゾン<AMZN.O>のCD予約数で、
過去最高を記録したんだそうです。

それによると、米国で11月24日に発売されるアルバム「夢やぶれて」
(日本の発売予定日は11月25日)の予約数は、米国で過去最高となった
だけでなく、同社の世界全体での記録も塗り替えた。

具体的な数字は明らかにされなかったものの、
日本の人気ロックバンドMr.Childrenの
「SUPERMARKET FANTASY」や
米歌手ノラ・ジョーンズの「ノット・トゥ・レイト」
などの予約数を上回ったという。

米アマゾン音楽部門のクレイグ・ペイプ氏は「スーザンのアルバムが、
世界中の顧客の心をつかんでいるのは明白だ」と話した。
[ロサンゼルス 19日 ロイター]


夢やぶれて夢やぶれて
(2009/11/25)
スーザン・ボイル

商品詳細を見る


[READ MORE...]
2009年09月15日 (火) | Edit |
初太刀の一撃に命を賭けるという示現流のエピソードに
度肝をぬかれました。その薩摩隼人の祖父・樺山資紀の
膝の上に臆することなく抱かれている正子の写真は、印
象的です。

彼女にとってはどんな遊びも真剣勝負だったに違いない。
幼少期より梅若流の能の舞台にあがり、能に造詣が深い。


白洲正子自伝 (新潮文庫)白洲正子自伝 (新潮文庫)
(1999/09)
白洲 正子

商品詳細を見る



[READ MORE...]
2009年07月13日 (月) | Edit |
ビクトル・エリセ監督の映画『マルメロの陽光』を
ご紹介いたします。

アントニオ・ロペス・ガルシアをご存知だろうか?
彼は現代スペインを代表する画家。
マドリード・リアリズムの中心人物といわれている。
ろくろくの好みは彼の鉛筆画。どれも素晴らしい。

さて、今回ご紹介するのはドキュメンタリー映画で
あります。庭に植えてあるマルメロの木を彼が描い
ていく様子を丹念に追っていきます。


マルメロの陽光 [DVD]マルメロの陽光 [DVD]
(2002/09/21)
ビクトル・エリセアントニオ・ロペス・ガルシア

商品詳細を見る


[READ MORE...]
2009年07月07日 (火) | Edit |
今回はロシアの童話として伝えられているアリョーヌシカ
(兄と妹)をご紹介いたします。

『ロシアなひととき』というサイトの中に「ロシアの童話」
があります。ロシア語で沢山の童話が載っています。
有難いことに日本語の意訳もあって、その意訳の部分を
下に転載させていただきました。


むかしむかし、おじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんとおばあさんには、娘のアリョーヌシカと
息子のイワーヌシカがいました。
おじいさんは、おばあさんと同じ時期に死んでしまいました。
アリョーヌシカとイワーヌシカは、みなしごになってしまいました。

ロシアのむかし話〈2〉 (偕成社文庫)ロシアのむかし話〈2〉 (偕成社文庫)
(1991/10)
金光 せつ

商品詳細を見る


[READ MORE...]
2009年07月06日 (月) | Edit |
アリョーヌシカの物語の起源は、17世紀に書かれた
ジャンバティスタ・バジーレの『ペンタメローネ』に
遡るといいます。

題名は「兄と妹」、「姉と弟」、「姉アリョーヌシカと
弟イワーヌシカ」それに「ヘンゼルとグレーテル」と、
色々な名で言われたりするようです。

前回コメント欄でご紹介したヴィクトル・ヴァスネツォフ
による絵画、アリョーヌシカと共に、Wikipediaに載っている
あらすじを下に転載させていただきました。


意地悪な魔女である継母に虐待されていた兄妹は2人で家出をする。
喉の渇いた兄は泉の水を飲もうとするが、
「この水を飲んだものは虎になる」という声を聞いた妹は、
兄が水を飲むのを止めさせた。


ペンタメローネ (上) 五日物語 (ちくま文庫)ペンタメローネ (上) 五日物語 (ちくま文庫)
(2005/09/07)
ジャンバティスタ・バジーレ三宅 忠明

商品詳細を見る

ペンタメローネ (下) 五日物語 (ちくま文庫)ペンタメローネ (下) 五日物語 (ちくま文庫)
(2005/09/07)
ジャンバティスタ・バジーレ

商品詳細を見る


[READ MORE...]
2009年06月26日 (金) | Edit |
6月26日朝7時のトップニュースでマイケルジャクソンの訃報
を知りました。80年代、息子といっしょにムーンウォークや
スリラーの真似事をしたりして楽しませてもらいましたです。
享年50歳、あまりに早い死でした。残念です。

彼の歌で一番わたしが好きな曲はビリージーンでした。
シングルの売れ行きのナンバーワンの曲もビリージーン
だったんですね。


スリラー 25周年記念リミテッド・エディション(DVD付)スリラー 25周年記念リミテッド・エディション(DVD付)
(2008/02/20)
マイケル・ジャクソンヴィンセント・プライス

商品詳細を見る


[READ MORE...]
2009年06月04日 (木) | Edit |
手相の勉強をはじめようと思います。
理由はいたってシンプルであります。

たいがいの女性は占いが大好きですからね。
「どれどれ手相を観てさしあげよう」と言えば、
いとも簡単に女の子の手を握ることができると
いうことであります。

まあどうでもいいのでありますが・・・・・
YouTubuでお手軽に手相を学ぶことができると
いうことはありがたいことです。

5分でわかる手相教室1(生命線編)
http://www.youtube.com/watch?v=Ps8GyzXoPiY&feature=PlayList&p=51015B8051B0AB83&playnext=1&playnext_from=PL&index=37

[READ MORE...]
2009年06月02日 (火) | Edit |
映画「三本木農業高校、馬術部」
観ました。

青森県十和田市に実在する三本木農業高校の馬術部
を舞台に、目の見えない盲目の馬「タカラコスモス」
と、女子高生の馬術部員との愛の実話を基にした物語。


私の乗馬体験と言えば一度しかないです。
馬を持っているという友人に便乗して、
彼の所属する乗馬クラブで乗せてもらった
ことがありました。

先ず、馬に跨るのに一苦労。
いざ乗ってみると、馬上は意外と高いのです。
それでも15分位でしょうか?
馬場を何周かするだけで汗だくになったこと
を覚えています。

勿論手綱をインストラクターの方に引いても
らって、ゆっくり歩いただけなのですが、
決して軽くない私の体(約70㌔)がポンポン
跳ねて何度も馬から落ちそうになりましたです。

三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~ [DVD]三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~ [DVD]
(2009/05/26)
長渕文音柳葉敏郎

商品詳細を見る


[READ MORE...]