2018年07月13日 (金) | Edit |
今日、Tumblrで見つけた気になる言葉。


1.とにかく批判しない、承認する、を徹底する
 2.外的コントロールを排除する
 3.「気持ちはわかる」と言う
 4.ほめずに承認する
 5.自分で自分を承認する
 6.相手に期待しない

シゴタノ! - 人間関係に疲れた時の6項目

[READ MORE...]
スポンサーサイト
2018年06月15日 (金) | Edit |
自分を忘れ、仕事や人間に愛を傾ける人。
そんな人にはすべてがひとりでにやってくる。
成功も楽しみもである。(V・フランクル)
— ブレイクスルーな言葉 (@breakthrough_jp) from Twitter:
[READ MORE...]
2018年05月21日 (月) | Edit |
みなさんお元気ですか?
私は甘酒のおかげで?とても元気です。

Eテレまる得「麴の力でおいしくヘルシー」では、
乾燥米麹300gに水600㏄を土鍋に入れて
温度を60℃にキープしながら6時間、甘みが足り
ないとさらに2時間保温して作ったのを「甘麴」
と表現していました。

そしてこの「甘麴」を100ccに熱湯100ccを混ぜて
作るのが「甘酒」、ということでした。
この表現のほうが分かりやすいと思いますので
これからは「甘酒」は「甘麴」です。

[READ MORE...]
テーマ:健康
ジャンル:ヘルス・ダイエット
2018年04月18日 (水) | Edit |
帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい)さんを調べていて、彼の著書「生きる力 
森田正馬の15の提言」を見つけました。

帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい)さんは、日本の小説家、精神科医。
『閉鎖病棟』『逃亡』『蛍の航跡』などの小説で知られ、数々の受賞歴をもつ。
本名は森山 成彬(もりやま なりあきら)。帚木 蓬生はペンネームで、
『源氏物語』五十四帖の巻名「帚木(ははきぎ)」と「蓬生(よもぎう)」
から取ったものだという。

森田正馬さん創始の森田療法では「あるがまま」という言葉がキーワードに
なっています。彼は「あるがままでよい、あるがままよりほかに仕方がない、
あるがままでなければならない」とか『ことさらに、そのままになろうとか、
心頭滅却しようとかすれば、それはすでにそのままでもなく、心頭滅却でも
ない。』『当然とも、不当然とも、また思い捨てるとも、捨てぬとも、何とも
思わないからである。そのままである。あるがままである。』と述べている。

なにはともあれ、森田療法に興味がない人も生きていく上でなにかと参考に
なると思う。

[READ MORE...]
テーマ:健康
ジャンル:ヘルス・ダイエット
2018年03月12日 (月) | Edit |
日本の国菌は「麹菌(こうじきん)」なんです。
2006年に日本醸造学会によって認定されました。
意外にも認定されたのは最近のことなんですね。

国菌の提唱者、一島英治・東北大学名誉教授によると、
「和食にとって欠かせない醤油、味噌、日本酒、みりん、
米酢などの製造は、すべて『麹』から始まります。
麹は、麹菌が原料の穀物成分を分解する各種の酵素を作る
ことによります」

[READ MORE...]
2018年02月16日 (金) | Edit |
この一年間、牛乳ヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、
それにもっぱら豆乳ヨーグルトを作り続けて来ましたが、
一度も失敗したことはありませんでした。

先日もいつものように使用するボール、スプーン、
泡立て器を熱湯消毒した後、
ボールに豆乳を100㏄入れ、
続いて種菌としてのヨーグルト100ℊを投入し、
泡立て器でよく攪拌。

それを豆乳パックに流しいれてスプーンで攪拌。
ヨーグルトメーカーに豆乳パックごと入れて
40℃、9時間にセットした。

翌朝豆乳パックをヨーグルトメーカーから取り出して
パックを開けてみたら何だかおかしい。あれれ~~~
ヨーグルトが固まっていない~~~。

[READ MORE...]
テーマ:健康
ジャンル:ヘルス・ダイエット
2018年01月11日 (木) | Edit |
豆乳のヨーグルトが空前のブームだと言われています。
当初は「牛乳アレルギーだから」とか「豆乳の方がカ
ロリーが低い」という理由で豆乳ヨーグルトを食べる
人が多かったようです。

しかし、雑誌やテレビで「豆乳ヨーグルトは美容や健
康に良い」と紹介されたことから、美容のために豆乳
ヨーグルトを食べる女性も増えてきました。

豆乳ヨーグルトの良いところは、豆乳や大豆製品と同
じ成分を手軽に摂取できるところです。

[READ MORE...]
テーマ:健康
ジャンル:ヘルス・ダイエット
2017年12月15日 (金) | Edit |
寒い日が続きますが皆様お元気ですか。
私は甘酒のおかげでとても元気です。 ^_^ 

甘酒は夏の飲み物だったなんて言われても
やはり熱々の甘酒をふうふういいながら
飲むのは体が温まるし、これからの季節に
ピッタリの飲み物ですよね。

ところで、先日から二回続けて甘酒作りに
失敗してしまいました。

原因はこの寒さにあったようです。
[READ MORE...]
2017年11月22日 (水) | Edit |
京都学園大学バイオ環境学部の微生物機能開発学研究室のブログによると
http://archive.kyotogakuen.ac.jp/~microbio/news/2013/08/000210.html

米麹甘酒と酒粕の成分表が、文科省の五訂増補 日本食品標準成分表に
データが載っているそうです。

この日本食品標準成分表にある甘酒についての説明では、

「甘酒は、通常、米麹(こうじ)、米飯、水とを混和し、50~60℃で、
12~24時間保温、糖化させて造られる日本古来の飲料である。
なお、甘酒はアルコール分をほとんど含まない。」

とあり、これは水分含量が100 gあたり79.7 gとなっていることから、
そのまま飲めるストレートタイプの甘酒と思われる。

酒粕のほうは、日本食品標準成分表には「酒粕」として載っているのみで、
酒粕甘酒としてのデータはない。そこで京都学園大学バイオ環境学部の
微生物機能開発学研究室では、酒粕を水分含量79.7%になるように水で薄め
たものと比較してみたという。

その結果、

[READ MORE...]
2017年10月25日 (水) | Edit |
米麹甘酒と酒粕甘酒とは保存期間が違います。

冷蔵庫で

〇米麹甘酒
火入れしていない米麹甘酒は約1週間位
火入れしている米麹甘酒は約一か月位
保存できます。

〇酒粕甘酒
火入れしていない酒粕甘酒は約3日位
火入れしている酒粕甘酒は約1週間位
しか保存できません。

[READ MORE...]
テーマ:豆知識
ジャンル:その他